【9/13 札幌開催】企業危機管理オープンセミナー
「モンスター社員」への対策・予防マネジメント

開催情報

タイトル

SPクラブ危機管理セミナー
  「モンスター社員」への対策・予防マネジメント
~社内トラブルから人材と職場環境を守れ~

札幌開催

開催日時: 9月13日(水) 14:00~16:00(受付13:30~) 


定  員: 40名

会  場: 札幌全日空ホテル 23階「白樺」B
      (札幌市中央区北3条1-2-9)(地図)

WEBでのお申し込みはこちら FAXでのお申込み(開催案内のチラシ)はこちら

受講料

無料

セミナー概要

 「働き方改革」による働き手や働き方の多様化は、長時間労働に代表される我が国特有の労働に対する意識改革をもたらし、主要先進国で最低レベルとされる労働生産性の改善につながると期待されています。いよいよ実運用段階に入る有期間契約労働者の無期転換申込権や、労働者の心身の健康に配慮した法改正が示すように、働きやすい環境作りが進んでいくことは歓迎すべきことです。

 一方で、こうした労働者保護の進展と、反面で使用者側に求められる労務コンプライアンスの強化との間に「モンスター社員」と言われる新たなリスクが生じ、社会問題化しつつあります。彼らの常識外の「問題言動」は組織のエネルギーを非生産的に消費させ、モラールや帰属性の低下、人材流出、更には訴訟リスクに至る様々な「危機」を会社にもたらしかねません。

 本セミナーでは、社内トラブル対策に数多くの対応支援実績を有する講師が、問題言動に対する日常的なマネジメント、組織的対策に必要な機能、行政等との連携方法など、法的対策とはまた異なる企業防衛策の実務について解説します。

主な内容

1.モンスター行為(問題言動)の放置が組織を崩壊させる

  • モンスターの卵はすぐそこに・・・身近な「発生」事例
  • 「放置」→「進化」が組織に及ぼす重大な影響

2.「進化」を防ぎ「再生可能性」を見極めるマネジメント

  • 注意や指導書だけで「再生」は可能か
  • 社員自らに「再生」を迫るアプローチ手法
  • 絶対にしてはならない失敗ポイント
  • 懲戒システムの再構築

3.「退出」にまつわるマネジメント

  • 「解雇」と「退職勧奨」
  • メンタルヘルス不調に際しての適切な対応ポイント
  • 「休職」と「復職」

4.そもそも「発生」させないためのマネジメント

  • 組織的な「防衛」のポイント
  • 「発生」を予防する採用選考や教育のポイント

※なお、当日の内容と若干異なる場合がございますので、予めご承知おきくださいますよう、お願いいたします。

◆講師紹介

株式会社エス・ ピー・ネットワーク
 執行役員 高森 一誓

特定社会保険労務士(東京都社会保険労務士会会員)、公認不正検査士(CFE・日本公認不正検査士協会会員)。
1999年、株式会社エス・ピー・ネットワーク入社。コンサルティング部長、福岡支社長等として、コンサルタント視点と内部管理当事者視点の両面を兼ね備えた講演・コンサルティングを持ち味に、労務管理分野のほか緊急事態対策、情報管理、内部統制全般の領域で活動。2012年より管理担当執行役員。
2014年、事業構想大学院大学にて新規事業構想におけるリスクマネジメントのあり方を研究・修了(事業構想修士)。

問い合わせ

 札幌営業所 担当/佐藤 TEL: 011-631-1801


  • ロスマイニング®・サービス

  • Webアンケートサービス

  • 生産物回収コンサルティング

  • 個人情報漏洩時の対応コンサルティング

SPクラブメンバーズサイト

週刊危機管理Plus

書籍のご案内


内部通報窓口「超」実践ハンドブック


企業不祥事の緊急事態対応「超」実践ハンドブック


金融機関営業店のための VS反社 対応マニュアル


反社会的勢力排除の「超」実践ガイドブック


クレーム対応の「超」基本エッセンス


ミドルクライシス®マネジメント


暴力団排除条例ガイドブック