【12/5 沖縄開催】企業危機管理オープンセミナー
企業危機管理のプロが語る「これからの危機管理」

開催情報

タイトル

SPクラブ危機管理セミナー
  企業危機管理のプロが語る
  「これからの危機管理」

沖縄開催

開催日時: 12月5日(火)

      セミナー:14:00~15:40(受付13:30~)


会  場: 沖縄産業支援センター 大会議室(302号室、303号室)
      (那覇市字小禄1831)(地図)

WEBでのお申し込みはこちら FAXでのお申込み(開催案内のチラシ)はこちら

受講料

無料

セミナー概要

 2017年も企業危機管理を巡る様々な事案が発生しました。将来発覚する「リスク」や現場レベルで発生している「ミドルクライシス」は、既に社内に存在しています。
 それが社外に発覚して「クライシス」となる前に速やかに対応する必要があり、社内にあるその兆候を徹底的に洗い出すこと(あるいは、真剣に探し出そうとする姿勢)が重要となります。
 「現場に目を向ける」「リスクに真正面から向き合う」とはよく言われますが、「見えているものだけを見る」のではなく「見えていないところまで知ろうとする」姿勢が、今、求められています。
 さらに、今後の少子高齢化やAIやロボット等の技術革新の進展を踏まえ、企業は今から「人財」の育成に真剣に取り組んでいかなければなりません。このように、もはや、企業危機管理的な視点なくして企業の持続的成長は語れない時代となったと言えます。
 本講演では、企業危機管理専門企業として数多くの事例を手掛けたプロの眼から、企業不祥事のメカニズムを紐解きながら、コンプライアンスやリスク管理の本質・あり方、今後の展望について解説していきます。
 役員など経営幹部の皆さまをはじめ、人事部門、総務部門、危機管理部門などの責任者の皆さまのご参加をお待ちしております。

主な内容

(1) 2017年のトピックス

  • 2017~2018年のコンプライアンス・リスク管理に関するトピックス
  • あらためて企業不祥事発生のメカニズムを考える
  • 内部通報制度の実効性を高めるために
  • 海外の動向も注視すべき
  • 2018年のコンプライアンス・リスク管理

(2) 厳格な顧客管理へ

  • 「真の受益者」の特定
  • 「健全性」の意味するもの
  • サプライチェーン・マネジメントの重要性
  • モニタリングの重要性

(3) 実効性の高い研修プログラムへ

  • 危機管理における研修の重要性
  • 訓練・トレーニングの重要性
  • HR(ヒューマンリソース)リスクマネジメントの観点から

(4) 個別リスクの最新動向

  • 反社会的勢力排除
  • 労務コンプライアンス
  • BCP(事業継続計画)
  • 情報セキュリティ
  • ロス対策

※なお、当日の内容と若干異なる場合がございますので、予めご承知おきくださいますよう、お願いいたします。

◆講師紹介

株式会社エス・ ピー・ネットワーク
 代表取締役副社長 熊谷 信孝

産業カウンセラー
福島大学経済学部卒業後、警視庁にて約15年間、主に反社会的勢力による企業対象暴力・民事介入暴力の対策・企業指導に従事。その後、平成10年に株式会社エス・ピーネットワークに入社。
現在は代表取締役副社長として企業危機管理体制構築の実務指揮を執る傍ら、全国各地の証券取引所や各地の企業防衛対策協議会をはじめとする団体や企業からのニーズに応えるかたちで、危機管理意識を啓発するための講演を多数行っている。

問い合わせ

 沖縄営業所  森田 TEL: 098-880-9802


  • ロスマイニング®・サービス

  • Webアンケートサービス

  • 生産物回収コンサルティング

  • 個人情報漏洩時の対応コンサルティング

SPクラブメンバーズサイト

週刊危機管理Plus

書籍のご案内


内部通報窓口「超」実践ハンドブック


企業不祥事の緊急事態対応「超」実践ハンドブック


金融機関営業店のための VS反社 対応マニュアル


反社会的勢力排除の「超」実践ガイドブック


クレーム対応の「超」基本エッセンス


ミドルクライシス®マネジメント


暴力団排除条例ガイドブック