【コラム】SPNの眼 2017年7月号
2035年の企業危機管理を展望する(下)
2035年の企業危機管理のあり方

 前回の本コラムでは、「単なる技術革新や新技術の開発にとどまらず、社会システムや制度全体も含めて、革新・刷新することにより、新しい価値が次々と生み出されていく」状況としての「イノベーション」が進展する「2035年の社会」を俯瞰した。その「確実にくる未来」の姿をふまえ、「働き方改革」をより中長期的な視点で捉えるべきであること、既に始まっているこのイノベーションのインパクトを正しく評価して積極的に業務に取り入れるなどして柔軟に対応していくべきであること、2035年の社会においても選ばれ、勝ち残る企業となるための「試金石」として、「働き方改革」を再定義することが重要であると指摘した。


続きはこちらから

ニュース

  • ロスマイニング®・サービス

  • Webアンケートサービス

  • 生産物回収コンサルティング

  • 個人情報漏洩時の対応コンサルティング

SPクラブメンバーズサイト

週刊危機管理Plus

書籍のご案内


内部通報窓口「超」実践ハンドブック


企業不祥事の緊急事態対応「超」実践ハンドブック


金融機関営業店のための VS反社 対応マニュアル


反社会的勢力排除の「超」実践ガイドブック


クレーム対応の「超」基本エッセンス


ミドルクライシス®マネジメント


暴力団排除条例ガイドブック