【コラム】暴排トピックス 2017年4月号
警察庁「平成28年における組織犯罪の情勢」から見えるもの

指定暴力団六代目山口組から分裂した神戸山口組が、指定暴力団に指定されて4月15日で1年となります。以下にご紹介する「組織犯罪情勢」によれば、この間、六代目山口組は、指定暴力団双愛会の代目継承盃式に六代目山口組組長自身が後見人として出席したほか、指定暴力団稲川会及び指定暴力団住吉会の両会長との食事会に同組長が出席するなど、他団体との関係強化を図っています。

一方の神戸山口組も、六代目山口組傘下組織の構成員や過去に引退した構成員を直系組長等に迎えるなど、勢力の拡大を図るとともに、懲罰委員なる役職を新設し、各地で発生したもめ事の処理にあたらせるなど、組織の引締めを図っています。

ここのところ、両山口組の抗争は、表向き激減していますが、代理戦争とも言われる指定暴力団会津小鉄会の分裂状態は今なお続いているほか、神戸山口組が本拠地を淡路市から神戸市内に移す動きを見せるなど、まだまだ予断を許さない状況にあります。


続きはこちらから

ニュース

公式ツイッター

SPクラブメンバーズサイト

週刊危機管理Plus

書籍のご案内


内部通報窓口「超」実践ハンドブック


企業不祥事の緊急事態対応「超」実践ハンドブック


金融機関営業店のための VS反社 対応マニュアル


反社会的勢力排除の「超」実践ガイドブック


クレーム対応の「超」基本エッセンス


ミドルクライシス®マネジメント


暴力団排除条例ガイドブック

  • ロスマイニング®・サービス

  • Webアンケートサービス

  • 生産物回収コンサルティング

  • 個人情報漏洩時の対応コンサルティング