【コラム】リスクフォーカス・レポート 2017年7月号
"ポスト真実"時代の企業広報(3)

 一口にフェイクニュースと言っても、その種類や態様は様々である。対立構図も単純にな「ファクトニュース」vs.「フェイクニュース」だけではなく、「フェイクニュース」vs.「フェイクニュース」、「ファクトニュース」vs.「オルタナティブファクトニュース」、「フェイクニュース」vs.「オルタナティブファクトニュース」、「オルタナティブファクトニュース」vs.「オルタナティブファクトニュース」等々とまさに複雑・多元的な対立構造を呈している。そして、当然"ポスト真実時代"以前のある時期には、文字通り"真実時代"があった(はずであろう)。その時代には、「ファクトニュース」vs.「ファクトニュース」という対立図式はあったのだろうか。


続きはこちらから

ニュース

  • ロスマイニング®・サービス

  • Webアンケートサービス

  • 生産物回収コンサルティング

  • 個人情報漏洩時の対応コンサルティング

SPクラブメンバーズサイト

週刊危機管理Plus

書籍のご案内


内部通報窓口「超」実践ハンドブック


企業不祥事の緊急事態対応「超」実践ハンドブック


金融機関営業店のための VS反社 対応マニュアル


反社会的勢力排除の「超」実践ガイドブック


クレーム対応の「超」基本エッセンス


ミドルクライシス®マネジメント


暴力団排除条例ガイドブック