【コラム】情報セキュリティ・トピックス 2018年3月号/情報漏えい時の危機対応(4)

1.情報漏えい時の危機対応(その4)

 情報漏えい対策の不備が原因で、重要な情報が漏えいしてしまった場合、企業は賠償金を支払うだけでなく、失った信頼やイメージの回復に努めなければなりません。起こってしまった事故への対応を迅速に行い、同様の事故が二度と起こらないよう、情報漏えい対策の徹底的な見直しと改善策を実施する必要があります。そのために、情報漏えい対策のどこに不備があったかの検証、原因の追及と社内体制の整備をおこないます。


 

続きは こちらから

ニュース

公式ツイッター

SPクラブメンバーズサイト

週刊危機管理Plus

書籍のご案内


内部通報窓口「超」実践ハンドブック


企業不祥事の緊急事態対応「超」実践ハンドブック


金融機関営業店のための VS反社 対応マニュアル


反社会的勢力排除の「超」実践ガイドブック


クレーム対応の「超」基本エッセンス


ミドルクライシス®マネジメント


暴力団排除条例ガイドブック

  • ロスマイニング®・サービス

  • Webアンケートサービス

  • 生産物回収コンサルティング

  • 個人情報漏洩時の対応コンサルティング