暴排トピックス 2016年7月号
     ~テロリスクに備える~バングラテロを教訓に~

 バングラデシュの首都ダッカで7月1日夜に起きた飲食店襲撃テロ事件(以下「バングラテロ事件」「本テロ事件」とも表記)では、国際協力機構(JICA)が業務を委託したコンサルタント会社の日本人7人が犠牲となりました。バングラデシュ政府は、2021年までに全国民が中所得国レベルの生活を享受できる社会を実現するため、「経済成長の加速と貧困削減」を目標に掲げています。成長著しい同国のインフラ開発を先導し、経済活動の活性化や貧困からの脱却を後押ししようと、多大な貢献をしてきた彼らでしたが、その志半ばで凶弾に倒れることとなり言葉もありません。心よりご冥福をお祈りしたいと思います。

 さて、このバングラテロ事件については、事件発生に至るまでに様々な兆候があったことが続々と明らかになっています。それだけに、彼らがテロに巻き込まれたことは関係者にとっては正に痛恨の極みと言えるでしょう。今回のテロを今後の教訓とするためにも、「不幸にも」の一言で片付けることなく、テロ発生の予兆をどのように見極め、回避行動はどうあるべきか、具体的にどう対処するべきか等について考えてみたいと思います。

続きは、こちらから

ニュース

公式ツイッター

SPクラブメンバーズサイト

週刊危機管理Plus

書籍のご案内


内部通報窓口「超」実践ハンドブック


企業不祥事の緊急事態対応「超」実践ハンドブック


金融機関営業店のための VS反社 対応マニュアル


反社会的勢力排除の「超」実践ガイドブック


クレーム対応の「超」基本エッセンス


ミドルクライシス®マネジメント


暴力団排除条例ガイドブック

  • ロスマイニング®・サービス

  • Webアンケートサービス

  • 生産物回収コンサルティング

  • 個人情報漏洩時の対応コンサルティング