グローバル・スクリーニング

マネー・ローンダリングやテロ資金供与等に関与し各国から制裁対象となっている個人や組織(海外反社)をはじめ、海外企業や個人のコンプライアンス・海外リスク情報に関する懸念性チェックの代行サービスです。

海外企業との取引や資本提携・業務提携などにおいては、マネー・ローンダリング対策やテロ資金供与対策、贈収賄リスク対策などは、もはや必須の取り組みです!
各国が規制対象としている個人や組織、PEPs など『海外リスク情報』をタイムリーに把握し、対処することが求められています。

コンプライアンス・プログラムの重要性

国内でも「犯罪収益移転防止法」や経済産業省「外国公務員贈賄防止指針」がたびたび改正され、事業者の取り組みにより厳格さが求められています。

  1. 顧客のデューデリジェンスの厳格化への対応として、属性チェックや本人確認の精度向上が求められています。
  2. 経営トップの姿勢やコンプライアンスポリシーの明確化、従業員教育や定期・不定期の監査の実施等、日常から取り組んでおくことが求められています。
  3. 高リスク国、高リスク先、高リスク行為などリスクベースアプローチから、適切なリスク評価とリスク対策の実施が求められています。

サービス概要

本サービスは、当社がレクシスネクシス・ジャパン株式会社の提供するデータベース「Lexis Diligence®」を用いて、当該データベースの検索代行を実施するものです。そのため、ご報告に際して提供する『見出し一覧』、『記事本文』は、「Lexis Diligence®」の仕様に基づいた内容となります。なお、当社スタッフによる当該情報の同一性精査は行わないことを予めご了承ください

ご報告までの流れ
(1) ご依頼

検索対象(個人名・法人名)を当社所定フォーマットに英字表記にてご記載いただきます。

  • 当日12時までにご依頼いただいた分は翌日(土・日・祝祭日を除く)17時までにご報告します。
(2) 検 索

記載いただいたフォーマットにもとづき、当社にて1対象ずつデータベースで検索します。

  • 検索件数が10件以上の場合、ご報告日をご相談させていただく場合があります。
(3) ご報告

1対象ごとの検索結果の見出し一覧(PDFファイル)を、メールでご報告します。

  • 検索結果につきましては全て英文表記となっております。
  • 該当がない場合もその旨(No Documents found)を報告します。
(4) オプション(本文抽出)

見出し一覧より指定された記事(PDFファイル)を、メールでご報告します。

  • 本文(記事)抽出はオプションとなります。
  • 当日12時までにご依頼いただいた分は、翌日(土・日・祝祭日を除く)17時までにご報告します。
  • 抽出結果は全て英文表記となっております。
  • 抽出件数が10件以上の場合、ご報告日を相談させていただく場合があります。
ご利用料金(税抜価格)
データベース検索(見出し一覧) 検索手数料 1対象 4,000円
オプション(本文抽出) 指定記事抽出料 1記事 3,000円

※SPクラブ会員企業を対象とした内容および料金です。

※日本語翻訳につきましては当社では行っておりませんので予めご了承ください。
 なお、翻訳が必要な場合は、当社提携先へ委託することも可能です。(別途お見積り)

主なデータベースの内容(2015年10月1日現在)

◆世界のニュース媒体(ネガティブニュース)

26,000以上の世界中の新聞、雑誌、通信記事、放送原稿、ブログの情報を対象に自社が取引先のレピュテーションチェックをしてリスクを軽減することが出来ます。またニュースワイヤーより「逮捕・詐欺・横領など」のネガティブワードと検索対象名を含む記事のみを絞り込みしています。なお、ニュース媒体収録は過去最大40年分です。

◆企業情報、経営者・株主情報

Standard & Poor's®、Dun and Bradstreet®など300以上の専門的な企業情報データベースで、約2億社の上場・未上場企業の概要を確認できます。企業体質や経営構造・財務情報・M & A 情報などを確認することができます。

◆人物略歴

Standard & Poor's®のエグゼクティブデータベースやMarquis Who'sWho®など100以上の人物情報データベースから、個人のバックグラウンドについてより理解を深めることができます。

◆制裁リスト・ウォッチリスト

米国財務省(OFAC)、英国財務省(HM Treasury)、米国FB I などの世界のビジネスに影響力のある1,000以上の制裁リストを対象に、ブラックリスト化されている企業や罰金リスクがある企業をスクリーニングします。

◆PEPsリスト

100万件以上のPEPsリスト(Politically Exposed Person)を対象に、各国の重要かつ公的な機能を果たしている人物(例:国家元首、高位の政治家、政府高官、司法官、軍当局者など)のチェックができます。

◆裁判履歴

米国、英国、E U 、アジア(一部)などの企業や個人の判例情報やアメリカの行政決定などを確認することにより、リーガルリスクを把握できます。

関連コンテンツ
Quickスクリーニング・システム

反社会的勢力にかかる公知情報データベースにダイレクトにアクセスして、検索することが可能な、即時検索型反社チェックツールです。

健全度スクリーニング

当社独自の反社会的勢力にかかる公知情報データベースを活用し、取引先企業などの反社会的勢力への該当可能性をチェックするための情報分析・提供サービスです。

健全度分析

対象企業およびその関連企業について、登記情報や風評等多面的な観点からの詳細な分析を通じて、反社会的勢力との関係についての有用な判断材料を提供するサービスです。

内部統制システム整備サポート

盗聴等による情報流出被害の防止、簡易防犯診断及び簡易情報漏洩リスク診断等によるリスクマネジメントをおこなうサービスです。

反社会的勢力対策・対応

万が一、反社会的勢力との関係が認知された場合の、詳細な調査や企業としての対応方針・排除計画の策定、各専門家との連携、対応実務等をサポートします。

コラム&レポート
暴排トピックス

企業実務の視点から反社会的勢力排除を巡る最新動向を毎月フォローしつつ、国内外の組織犯罪についてもカバー。

SPNの眼

その時々で話題となっている企業不祥事や事件、騒動、社会現象等を危機管理の側面から解析して紹介。

サービス

  • ロスマイニング®・サービス

  • Webアンケートサービス

  • 生産物回収コンサルティング

  • 個人情報漏洩時の対応コンサルティング

SPクラブメンバーズサイト

週刊危機管理Plus

書籍のご案内


内部通報窓口「超」実践ハンドブック


企業不祥事の緊急事態対応「超」実践ハンドブック


金融機関営業店のための VS反社 対応マニュアル


反社会的勢力排除の「超」実践ガイドブック


クレーム対応の「超」基本エッセンス


ミドルクライシス®マネジメント


暴力団排除条例ガイドブック

事例紹介 よくあるご相談