企業危機管理のリーディングカンパニー エス・ピー・ネットワーク

いよいよ改正公益通報者保護法が施行されます

令和4年6月の改正で“義務”が生じます

  • 内部通報体制を整備する義務
  • 従事者を指定する義務

令和4年6月の改正で“罰則”が強化されます

  • 違反に対する行政処分、刑事罰(罰金)、行政罰(過料)
    例えば…情報漏洩したものは30万円以下の罰金刑!

上記2点に対して、
従業員の数が300人を超える事業者=義務
従業員数300人以下の中小事業者=努力義務となります

従事者は指定したけれど、実際の業務はどうなるのか?「従事者研修」もやらないと…

従事者は指定したけれど、実際の業務はどうなるのか?
「従事者研修」もやらないと…

自分で何とかしなきゃいけないんだけど>仕事の仕方は変わるのか?

自分で何とかしなきゃいけないんだけど、
仕事の仕方は変わるのか?

どんな仕事なの?何を気を付ければいいの?

どんな仕事なの?何を気を付ければいいの?

会社としてしっかりとした研修が必要です。

リスクホットラインⓇを運営するエス・ピー・ネットワークが培った「理論と実践」の実務ノウハウを基に「すぐに使える」実践的研修をご提供します。

リスクホットラインⓇを運営するエス・ピー・ネットワークが培った「理論と実践」の実務ノウハウを基に「すぐに使える」実践的研修をご提供します。

危機管理専門会社が作成するeラーニング研修
「公益通報対応業務従事者研修(基礎編)」

危機管理専門会社が作成するeラーニング研z「公益通報対応業務従事者研修(基礎編)」

内部通報窓口の外部委託サービス
「リスクホットライン®」

年間2,000件の取り扱い実績
受付・報告にとどまらず、事実関係調査、対応是正までカバーするコンサルティング業務の実績

危機管理専門会社が作成するeラーニング研z「公益通報対応業務従事者研修(基礎編)」

内部通報の取り扱いの豊富な実務経験を
基にしたノウハウを、すぐに使える
実践テクニックとしてわかりやすく解説

practical
experience
危機管理専門会社が作成するeラーニング研z「公益通報対応業務従事者研修(基礎編)」

指針の解説でマストとされる
「従事者向けの研修」の実施の一助に。

刑事罰など恐ろしい言葉だけがクローズアップされる中、受講者が安心して従事者業務に取り掛かれるよう
支援いたします。

3つの特徴

  • 01

    フルアニメーションで
    法務初心者でも
    わかりやすい説明

  • 02

    改正法だけでなく、
    公益通報・内部通報の
    全体像を分かりやすく説明

  • 03

    年間2,000件の通報受付~
    コンサルティングのノウハウで
    すぐに使える実践テクニックをご紹介

3つの特徴

講座内容

  • 01

    公益通報対応業務従事者とは

    内容 ここが特徴! 時間
    そもそも公益通報対応業務従事者の名称の中にある「公益通報」って何?
    「内部通報」とは違うの?という疑問を、簡単な事例を使って解説します。
    食品偽装事件を事例に、公益通報のしくみがしっかりわかります。 4:54
  • 02

    公益通報の構造

    内容 ここが特徴! 時間
    公益通報が成立するにはどのような要件が必要?
    単に、不正を見つけた、パワハラされたということを通報するだけじゃダメなの?ということを説明します。
     ・誰が通報できるのか
     ・何を通報できるのか
     ・どこに通報できるのか?
    更に、通報先で異なる要件に付き、詳しく解説します。
    特に、分かりにくいとの声も多かった「行政罰」については、実例も紹介してじっくり解説します。 6:51
  • 03

    パワーハラスメントは公益通報対象となるのか

    内容 ここが特徴! 時間
    パワーハラスメントと公益通報についてご説明します。
     ・パワハラの6類型って何?
     ・公益通報になるパワハラ、ならないパワハラがある。
    パワハラ≠公益通報と誤った認識も少なくありません。これを見ればもう迷いません。 3:55
  • 04

    内部通報と公益通報って違うの?

    内容 ここが特徴! 時間
    内部通報と公益通報って何が違うのか?
    その制定趣旨や守っているものの違いは異なるのか?
    もしかしたら、内部通報=公益通報と思っていませんでした?この動画でハッキリします。 3:14
  • 05

    公益通報者保護法などと内部通報制度の変遷

    内容 ここが特徴! 時間
    2006年の公益通報者保護法施行にはじまり、現在に至るまで、社会の要請に沿ってどのように変化してきたかを解説します。 公益通報の歴史+改正法の3大ポイントを解説します。 6:04
  • 06

    改正公益通報者保護法を読んでみよう!

    内容 ここが特徴! 時間
    改正公益通報者保護法の中で、従事者について書かれた条文をじっくり読んでみます。 これで「刑事罰」の不安も解消されるかも。 5:51
  • 07

    公益通報者保護法に基づく指針とその解説を読んでみよう

    内容 ここが特徴! 時間
    義務付けられた体制の整備の具体的内容がこの「指針の解説」。非常に重要な内容が書いてありますが、その中でも重要なものを解説します。 単に規程上にまとめるだけでなく、実際の場面を想定しながら、実践的な制度設計をアドバイス。 7:53
  • 08

    事例研究

    内容 ここが特徴! 時間
    過去に発生した公益通報に関する事件・判例を解説します。 4つの判例から、従事者業務のヒントを得ることができます。 6:16
  • 09

    受付~調査

    内容 ここが特徴! 時間
    公益通報対応業務従事者として必要な、通報の受付から調査における実務知識、ノウハウをレクチャーします。 年間2000件の通報案件に携わる当社の知見から、実践的なノウハウを知ることができます。 14:55
  • 10

    処分・是正措置・フォローアップ

    内容 ここが特徴! 時間
    公益通報対応業務従事者として必要な、処分・是正措置・フォローアップにおける実務知識、ノウハウをレクチャーします。 年間2000件の通報案件に携わる当社の知見から、実践的なノウハウを知ることができます。 7:24
  • 11

    理解度テスト

    内容 ここが特徴! 時間
    全15問のテストです。

PRICE LIST

※価格は税別になります
当社SPクラブ会員
人数 単価(1人あたり)
1~10人 5,000円
11~50人 4,500円
51~100人 4,000円
101~200人 3,500円
201~300人 3,000円
301人~ 2,500円
一般企業・団体
人数 単価(1人あたり)
1~10人 7,500円
11~50人 6,750円
51~100人 6,000円
101~200人 5,250円
201~300人 4,500円
301人~ 3,750円

ここまで読んでいただいた方への特典