【コラム】 HRリスクマネジメントトピックス 2018年6月号/三匹の社労士・HRリスク相談室(2)

三匹の社労士・HRリスク相談室(2)

 エス・ピー・ネットワークに生息する三匹(?)の社労士が、職場における、「人」にまつわる様々なお悩みの解決を目指し、初動対応や法的な責任、再発防止など、三匹それぞれの観点からコメントします。


【プロフィール】

イヌ社労士:
 公認不正検査士という顔も持ち、自慢の嗅覚で「事件」の裏側を読み解く(やや偏屈)。

クマ社労士:
 鮭をもらった恩は一生忘れない。法律も大事だけど・・・義理とか人情とかも好き。

ネコ社労士:
 猫なで声と鋭い爪をあわせ持ち、企業内での人事実務経験が豊富。産業カウンセラーでもある。


今月のお悩みは、こちら。

人事部門の担当者です。営業部門に配属された今年の新入社員と面談を実施したところ、次のような相談がありました。どのように対処すべきでしょうか?


 私が直接被害に遭っているわけではないのですが、私の指導係の主任に対して、課長が毎日のように怒鳴っているのを聞くのがとてもつらいです。営業なので結果を求められるのは社会人として理解しますし、主任も細かなミスがあるので、課長が間違ったことを言っているとは思いません。ただ、突然に大声を出されると私までビックリしてしまいますし、私への指導のためにただでさえ時間のない主任が長々とお説教され、近くにいる部長や先輩たちが何も言わないでいるのを見ていると、なんだかこの会社で頑張っていく自信がなくなりそうです。こういうのは、パワハラとは違うのでしょうか。


 

続きはこちらから

ニュース

公式ツイッター

SPクラブメンバーズサイト

書籍のご案内


【新訂版】クレーム対応の「超」基本エッセンス


内部通報窓口「超」実践ハンドブック


企業不祥事の緊急事態対応「超」実践ハンドブック


金融機関営業店のための VS反社 対応マニュアル


反社会的勢力排除の「超」実践ガイドブック


ミドルクライシス®マネジメント


暴力団排除条例ガイドブック