【コラム】 HRリスクマネジメントトピックス 2018年7月号/三匹の社労士・HRリスク相談室(3)「安易に解雇を求める現場管理職」

 エス・ピー・ネットワークに生息する三匹(?)の社労士が、職場における、「人」にまつわる様々なお悩みの解決を目指し、初動対応や法的な責任、再発防止など、三匹それぞれの観点からコメントします。


【プロフィール】

イヌ社労士:
 公認不正検査士という顔も持ち、自慢の嗅覚で「事件」の裏側を読み解く(やや偏屈)。

クマ社労士:
 鮭をもらった恩は一生忘れない。法律も大事だけど・・・義理とか人情とかも好き。

ネコ社労士:
 猫なで声と鋭い爪をあわせ持ち、企業内での人事実務経験が豊富。産業カウンセラーでもある。



今月のお悩みは、こちら。

人事部門の担当者です。営業部門の偉い人(部長です)から、相談というより一方的に「確認しといてくれ」と、次のような話が来ています。どのように回答したらよいでしょうか?


 営業部のA課長について相談です。入社から20年、営業一筋でそれなりに成績も残してきましたが、この数ヶ月は私生活の乱れが影響しているようで、重大な失敗を繰り返しています。1ヵ月ほど前には大口の取引先との打合せを寝坊ですっぽかしました。幸い大事には至りませんでしたが、その後も別の取引先に金額を間違えた見積書を提出してあわや大損害になりかけ、昨日は新規の訪問アポイントをすっかり失念したらしく、またすっぽかしました。これらのミスのたびに私から厳しく叱責し、それぞれ始末書を提出させてあります。それから「次回、同じようなミスがあった場合にはいかなる処分もお受けします」との一筆も取ってあるので、次に何かあった場合はクビで問題ないですね?回答よろしく。


 

続きはこちらから

ニュース

公式ツイッター

SPクラブメンバーズサイト