【お知らせ】 セーリングアジア大会、弊社所属選手が2種目で金メダルを獲得いたしました!

インドネシア・ジャカルタで開催された第18回アジア競技大会「セーリング競技」において、弊社所属の3選手が2種目で金メダルを獲得いたしました

【写真右:磯崎哲也選手(弊社所属)】

【写真左から古谷信玄選手、八山慎司選手(共に弊社所属)】

男子470級では磯崎哲也(弊社所属)・高柳彬(日本経済大学)組が、男子49er級では古谷信玄・八山慎司組(共に弊社所属)が1位=金メダルを獲得しております。

両ペアは、今月9日から江の島で開催される「セーリングワールドカップ」にも出場が決まっております。東京オリンピックに向けて、引きつづきご声援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

◆ ◆ ◆

◆オリンピック強化委員会「第18回アジア競技大会 Report」

470級男子 金メダル

磯崎 哲也

今日は作戦通りにレースができました。何もトラブルははなかったのですが、(前のレースで中国からの抗議で順位を落としていたので)、陸に上がってからまず中国選手に「今日はプロテストないよね?」と聞きにいきました。「ないよ」と笑っていたので、握手しました。アジア大会のメダルは、本当に嬉しいです。やっと取れました。

高柳 彬

初めてのアジア大会で、金メダルがとれて、嬉しいです。

◆日本オリンピック委員会「男女470級など4種目金 セーリング・31日」

男子470級は磯崎哲也(エス・ピー・ネットワーク)高柳彬(日本経大)組が日本勢では10年大会以来となる金メダル。男子49er級の古谷信玄、八山慎司組(エス・ピー・ネットワーク)もこの種目で初の金メダルを手にした。

ニュース

公式ツイッター

SPクラブメンバーズサイト