【12/12 札幌開催】SPクラブ危機管理セミナー
これからの危機管理 - 2018年の総括と2019年の展望 -

セミナー概要

 2018年も企業危機管理を巡る様々な事案が発生しました。とりわけ、自然災害の多発は、過去から何も学んでいない企業の取組みレベルの浅さが露呈し、今後の課題が数多く突きつけられました。
 また、今年も企業やスポーツ団体など組織の不祥事が多数発覚しましたが、もはやこれまでのコンプライアンス・リスク管理の取組みでは不祥事を防ぎきれないと認識する必要があります。
 「現場に目を向ける」「リスクに真正面から向き合う」とはよく言われることですが、「見えているものだけを見る」のではなく「見えていないところまで知ろうと努力する」ことが求められています。
 さらに、今までの取組みの限界を乗り越えるために、今後のコンプライアンス・リスク管理を含む企業危機管理は、「人」を中心に据えてその「本音」に耳を傾け、「本気」で変えていこうとする姿勢が求めらることになります。
 本講演では、企業危機管理専門企業として数多くの事例を手掛けたプロの眼から、企業不祥事のメカニズムを紐解きながら、コンプライアンスやリスク管理の本質・あり方、今後の展望について解説していきます。
 役員など経営幹部の皆さまをはじめ、人事部門、総務部門、危機管理部門等の責任者の皆さまにもご参加いただけます。



お申し込みは、こちらから

 

会員情報

公式ツイッター

SPクラブメンバーズサイト