• ホーム
  • ニュース
  • お知らせ
  • 【コラム】SPNの眼 2019年4月号/企業・組織が今すぐすべき最低限のBCP・危機管理~東日本大震災の2つの判決を振り返る~
お知らせ 2019/04/02

【コラム】SPNの眼 2019年4月号/企業・組織が今すぐすべき最低限のBCP・危機管理~東日本大震災の2つの判決を振り返る~

 東日本大震災から早くも8年が経過した。警察庁によると、2019年3月8日時点の死者は関連死を含め1万5895人、重軽傷者は6157人。警察に届出があった行方不明者は2533人で、復興庁によると、未だに約5万2000人が全国で避難生活を送っているという。

 2011年3月11日金曜日の14時46分18秒、宮城県牡鹿半島の東南東沖およそ130kmを震源としたM(マグニチュード)9.0の地震は、発生時では日本周辺における観測史上最大規模のものであった。最大震度は宮城県栗原市で観測された震度7で、宮城・福島・茨城・栃木の4県36市町村で震度6強を観測した。

 この地震により、最大遡上高40.1mにのぼる巨大な津波が発生。東北地方と関東地方の太平洋沿岸部に壊滅的な被害が発生した。津波による死者は全ての犠牲者の9割に上る1万4308人。最新の研究ではヘドロや大量の土砂を巻き込んだ「黒い津波」は通常の水よりも強烈な破壊力を持ち、人体に入れば即座に命に関わる危険をはらんでいるという。

続きはこちらから

Back to Top