• ホーム
  • ニュース
  • お知らせ
  • 【コラム】 HRリスクマネジメントトピックス 2019年6月号/三匹(?)が語る!HRリスクマネジメント相談室(9)「本人が『悪気はなかった』と言う不正にどう対処する?」
お知らせ 2019/06/25

【コラム】 HRリスクマネジメントトピックス 2019年6月号/三匹(?)が語る!HRリスクマネジメント相談室(9)「本人が『悪気はなかった』と言う不正にどう対処する?」

 職場におけるトラブルは複合的。社内の様々な関係者の協力を得て、複数の視点で捉えなければ、解決が難しい問題も多々あります。でもやっぱり最後は「人」!HRリスクマネジメントが重要です。

 職場における様々なトラブルを解決すべく、今、エス・ピー・ネットワークに生息する動物たちが立ち上がりました!初動対応や法的な責任、再発防止など、三匹それぞれの観点から熱く語ります。

【今月の三匹・プロフィール】

フェネックさん:
大きな耳はリスクを察知するアンテナ。
情報セキュリティの専門家で、産業カウンセラーという一面も。でもなぜか方向音痴。

チャウチャウさん:
大きなモコモコボディにつぶらな瞳。怖そうに思われがちですが、怖くないワン。クレーム対応に防災・BCPなどなど、企業危機管理全般について、一晩中でも熱く語るワン。

ネコさん:
猫なで声と鋭い爪をあわせ持ち、企業内での人事実務経験が豊富。社会保険労務士で、産業カウンセラー、実はキャリアコンサルタントでもある。悪い人には「シャーッ!」ってします。

今月のご相談は、こちら。

某メーカーの営業部長です。入社以来、本人は「わざとではない」と言いますが、微妙な「悪さ」ばかりをする、Aさんについての相談です。

 Aさんは、中途採用で正社員(営業担当)として入社し、半年が過ぎたところです。試用期間の3ヵ月が過ぎた頃、最初のトラブルが発生しました。廃棄する予定で倉庫に仮置きしてあった、業務用の検査機器がなくなったんです。産廃業者の引き取り日が決まり、倉庫から出そうとしたら、どこを探しても「ない!」と。慌てて社内で聞きまわったところ、若い契約社員が、某オークションサイトに出品されている「それらしい機器」を指差し、「噂ですけど…」と、小声でAさんの関与を教えてくれました。

 Aさんに確認すると、「安くても売れれば、廃棄費用もかからないし、会社のためになると思った」と、出品を認めました。本人は「悪気はなかった」「経費削減になると思った」と繰り返し、反省しているようにも見えたので、出品を取り消させただけで不問に付したのですが…。Aさんは、その後も度々「怪しい行動」をするのです。

 Aさんは、会社の独身寮に入居しているのですが、同じ寮に住む別の社員から、「知らない人が寮に出入りしている」と連絡を受けて調べると、Aさんの部屋に友人が居候していることが判明しました。Aさんが「臨時収入があった」と社内で話していたのは、どうやらその友人から「家賃」をせしめていたためのようです。Aさんに確認すると、Aさんはあっさり認め、「友人が困っていたので」と涙ながらに訴えます。「1週間以内に退去させるから」との約束通りに友人はいなくなったため、これ以上、問題にはしませんでした。

 そして今日、Aさんの交通費の経費精算で、不審な点が見つかりました。Aさんと同行していた者に確認すると、やはり実際に使ったルートではない、少し高い、遠回りのルートで計算されています。100円程度の違いではありますが…不信感がつのるばかりです。指摘をすればきっと、「間違えた」「次回からはきちんと確認する」などと、反省の言葉を述べるのだろうな、と思うのです。ただ、こうも続くと…わざとやっているのではないかと、疑いたくもなります。

 いったい、どうしたらよいものでしょう?

続きはこちらから

Back to Top