お知らせ 2019/08/27

【コラム】ロスマイニングトピックス 2019年8月号/万引き犯の手口と工夫(2019.8)

万引き犯の手口と工夫

 皆さま、こんにちは。

本コラムは、消費者向けビジネス、とりわけ小売や飲食を中心とした業種にフォーカスした経営リスクに注目して隔月でお届けしております。

 前回の2019年6月号の本コラムにおいて、なかなか根絶できない犯罪として、万引きを取り上げました。少し振り返ってみましょう。万引きは大きくは2つに分類できます。ひとつは、換金目的のプロフェッショナル(プロ)です。従来は個人的・刹那的な犯行が中心でしたが、昨今は組織的・計画的な犯行に移行してきています。プロは、売りやすく換金しやすい商品、たとえばスポーツウェアやシューズ、化粧品、たばこ、電動工具などを扱う店舗でなおかつ、防犯対策が脆弱な店舗、または、非常に返品ポリシーが甘い店舗などに狙いを定めます。プロはそのような見方で、万引きをする店舗を選んでいることなどを確認しました。

 もうひとつの種類がアマによる万引きです。プロが職業的に万引きを行うことに対して、アマは自己消費や衝動的な理由で万引きを行います。プロの犯行と比べれば、1件あたりの被害額は小額です。ただし、店舗としてはこのような犯行が積み重なり、棚卸し時には無視できないロスのボリュームとなります。

 また、万引き犯を明確に分類することは難しい一方で、万引きの動機や手口、盗まれる商品を把握することによって、万引き被害を抑止し管理する(コントロールする)ことは可能です。また、時代によって万引きの実態も変化し続けています。自社、自店で起こっている万引きの典型を理解することは、ロス問題の診断において重要であることを確認しました。

 そこで、今回は万引きの手口について、さらに詳細に見ていきましょう。万引き犯は、捕まることなく確実に欲しい商品を盗むための「工夫」をしています。また、プロ集団では、万引きについてマニュアル化されている可能性が指摘されています。そのような「工夫」を知ることで、万引きの防止や抑止の方法、防犯体制の強化につなげることが重要です。

 本考察は、プロもしくは、スキルの高い万引き犯という前提で手口について確認していきます。

 

続きはこちらから

Back to Top