• ホーム
  • ニュース
  • お知らせ
  • 【コラム】SPNの眼 2019年11月号/「企業として押さえるべき、カスタマーハラスメント対策~VOL.2」
お知らせ 2019/11/06

【コラム】SPNの眼 2019年11月号/「企業として押さえるべき、カスタマーハラスメント対策~VOL.2」

1.はじめに

 本連載は、10月から始まっているが、10月2日に東京で、カスタマーハラスメント対策のセミナーを実施した。これは、定例セミナーとして、会員企業の皆様に無料でご参加いただけるセミナーとして実施したものであるが、月初にも関わらず、100名を超えるお客様にご参加いただいた。

 東京で開催する定例セミナーは毎回、各テーマ、大変盛況で、多くの会員企業の皆様にご参加いただいているが、それでも100名を超えるお客様が実際に参加いただくことは非常に稀であり、カスタマーハラスメント対策への関心の高さが窺われた。

 10月2日のカスタマーハラスントのセミナーは、当社が提唱する実践的な不当要求対応指針、「危機管理的顧客対応指針5か条」(以下、「5か条」)に関するものであったが、本項は、今回、次回も含めて、全3回で、5か条の内容の解説というよりも、カスタマーハラスメントに負けないための組織作りの内容に重点をおいて解説する。

 ただ、5か条についても、カスタマーハラスメントに負けないための組織作りには欠かせない重要なノウハウであることから、組織作りという文脈の中で、必要な範囲で触れていくこととする。

 なお、カスタマーハラスメントに負けないための組織作りの詳細については、本年12月5日に大阪で開催されるカスタマーハラスメントに関する定例セミナーにてお話しする予定である。ご興味ある会員企業の皆様は、こちらに参加いただきたい。

続きはこちらから

Back to Top