• ホーム
  • ニュース
  • お知らせ
  • 【緊急レポート】「ロックダウン(都市封鎖)」寸前?!「緊急事態宣言」に備えた企業の対応とは(2020/4/5時点)
お知らせ 2020/04/06

【緊急レポート】「ロックダウン(都市封鎖)」寸前?!「緊急事態宣言」に備えた企業の対応とは(2020/4/5時点)

目まぐるしく変化する政府や自治体のコロナウイルス対応。企業の危機管理担当者としても、今後の方針について迷うことが多いだろう。4月5日(18:00)時点の情報をもとに、「緊急事態宣言」「ロックダウン」に向けて企業のやるべき対応と今後の対策について検討してみたい。

参考までに厚生労働省発表資料によって現時点(4月5日18時時点)での患者数を記すと、感染者数3191人で死亡者は70人。東京都に限って言えば2日連続で100人を超え、累計1000人を超えた。ただ、基準になる数字を考えずに「100人」「1000人」と区切りのいい数字だけを見てもあまり意味はない。PCR検査数も、3月24日時点で約2万2000人だった1日の検査数が、5日には1日4万人と倍増していることから、感染者数が増えるのはある意味当然のことともいえる。現在の状況を、どのように見るべきなのか検証してみる。

「オーバーシュート」とは何か。食い止めるべきは「医療崩壊」

小池百合子都知事が先日の記者会見で口にしたことで、一躍メディアに取り上げられて物議をかもした「オーバーシュート」。「爆発的患者急増」と訳すこともあるこの言葉について、4月1日の厚生労働相らの専門家で構成される「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」(以下、専門家会議)による記者会見で次のような定義付けがなされた。

続きはこちらから

Back to Top