• ホーム
  • ニュース
  • お知らせ
  • 「やくざもコロナ対策本格化!新たなシノギに要注意!―反社チエックの形骸化(意識含む)が大きな落とし穴に」~危機管理おやじのつぶやき(コロナ対応3)[執筆:代表取締役社長 熊谷信孝]
お知らせ 2020/05/19

「やくざもコロナ対策本格化!新たなシノギに要注意!―反社チエックの形骸化(意識含む)が大きな落とし穴に」~危機管理おやじのつぶやき(コロナ対応3)[執筆:代表取締役社長 熊谷信孝]

暴力団等の反社会的勢力については、ご存じのように暴力団排除条例(暴排条例)・暴力団対策法(暴対法)を駆使した警察の取り締まり強化等で、従来のみかじめ料等の資金獲得活動(シノキ)が厳しくなり、暴排条例等の対象とはならない「準暴力団・半グレ」等を利用したみかじめ料の徴収や、半グレ自身に風俗店等を経営させて上納金をかすめ取ったり、覚せい剤・大麻・危険ドラッグ等の違法薬物等の従来からのシノギ(薬物の売買については、売る方と買う方がお互い違法性を有し、認識・自覚することで摘発されるリスクを軽減できるものとされています)に加え、特殊詐欺と言われる一般人も巻き込んだ詐欺からのシノギに力を入れるようになりました。それに対して「半グレ」を準暴力団とカテゴライズして取り締まり等を強化する、有名芸能人の薬物使用等による摘発を強化する等、警察や厚生労働省地方厚生局麻薬取締部(いわゆる麻取<マトリ>)もまた取り締まり強化で対応しています。

そのような中でのコロナ禍で、高齢化や元々基礎疾患(入れ墨や薬物の濫用等の影響で肝臓等に持病を持つ者が多い)等を持っているうえ、六代目山口組と神戸山口組の特定抗争指定暴力団への指定により(概ね)5人以上の集合が禁じられるなど、「3密」状態で行われる会合や密談も出来なくなるなど、今後の組織維持と運営に苦慮しているのは、ある意味で一般会社と似たところもあります。大きく違うのは、自分のシノキで生計を立てること、上部団体への上納をしなければならないこと、コンプライアンスを考慮することなくシノギの手段を考え実行出来る、ということです。

以下、コロナ禍、そして今後のやくざのシノギとその対策について、あくまでも危機管理おやじが考えるものについて、いくつかお話します。

(1)現在行っている特殊詐欺の継続(今後、変化していくことも考えられる)

警察当局の取り締まり強化が行われていても、特殊詐欺による被害が後を絶たない中、今回のコロナ対策として行われる各種助成金等に関わる申請等に関連して、預金口座情報を取得しての詐欺や、申請業者になりすました助成金不正受給詐欺、助成金申請のアドバイスと称して高額手数料をかすめ取る詐欺等が考えられるところ、その実行犯等については、実行内容によってグループ分けや役割分担をして、捜査の手が自分達に及ばないこの手法を継続してシノギとしていくことが考えられる。コロナ禍で収入が減り困窮している高齢者や若年層に限らない幅広い年齢層(しかも男女問わず)在宅者をターゲットとしてインターネット等で勧誘して取り込んでいくだろう。

コロナ禍で緊急事態宣言や今後の経営等に不安を持っているこの時期だからこそ、取引先や関係者等の会社との「接点」に対する厳格なチェック意識が欠如している脆弱性をうまく悪用した、インターネットを使った取り込み詐欺、対応スビートが求められている各種助成金申請等の申請先に対するチェックの脆弱性(形骸化)を悪用した申請詐欺などが活発化するものではないかと考えられる。

企業は、このような暴力団等の反社会的勢力の手口(あるいはその変化)をとらえて、更なる厳格な取引先チェックとして、「属性要件」だけでなく、反社会的勢力が起こしやすい一般事件等を含めた「行為要件」について、インターネットなどによる風評チェックや記事検索等、その手法を拡げて、この時期たからこそ手を緩めることなく継続していくこと、さらには、在宅勤務の社員がインターネット等での巧妙な誘いに巻き込まれて、犯罪の共犯者とならないよう、あらためて注意喚起や研修等の対策が必要ではないだろうか。

続きはこちらから

Back to Top