お知らせ 2020/09/04

驚愕級の台風の可能性~命を守るために、台風10号が来る前に早めの避難と準備を!!

台風10号について、気象庁では、

  • 強い台風第10号は、今後特別警報級の勢力まで発達し、5日から6日にかけて沖縄地方に接近する見込みです。その後も特別警報級の勢力を維持したまま北上を続け、6日から7日にかけて奄美地方から九州に接近または上陸するおそれがあります。
  • 広い範囲で甚大な影響を受けるおそれがあります。台風が接近する地域では、記録的な大雨・暴風・高波・高潮となるおそれがあり最大級の警戒が必要です。
  • 4日(金)までに台風への備えを終わらせるようお願いいたします。

と公表しています。

▼台風第10号の今後の見通し(進路・暴風・河川の増水・氾濫など)について

気象庁が台風等について特別警報を出すのは、中心気圧が930hPa以下、又は最大風速50m/s以上が予想される場合。今回の台風10号に関しては、6日の段階で中心気圧915hPa、瞬間最大風速80m/sという予報すらあります。災害史に名を残す伊勢湾台風(1959年9月)の上陸時の中心気圧は929hPa、第二室戸台風(1961年9月)は925hPaであることを考えれば、今回の台風は超モンスター級の可能性があります。

河川氾濫はもちろん、暴風により転倒や車の横転、木や看板が飛んでくる、電柱が倒壊して長期・広域の停電が発生する等、「極めて甚大な」被害が出る可能性があります。

特に九州地方では、7日の月曜日の出社時に大きな影響が出る可能性があり、出勤は極めて危険です。各社におかれましては、「従業員やお客様の安全を最優先」に、

  • 週末は不要不急の外出を控え、月曜日の行動基準を決めて、全従業員に明確に伝達する
    →運休・営業休止、在宅指示・出社させない等、具体的に。「状況に応じて」は厳禁
  • 被害軽減に向けた対策と避難を早め(台風接近・直撃前)に実施する
  • 暴風に備え、家の雨戸を閉めたり鉄筋コンクリートの建物に避難する
  • 停電を想定し、熱中症対策として水分等を備蓄する

等の対策を実施するようにしてください。

気象庁も「お住まいの場所が安全な場所か否かハザードマップなどで改めて確認し、安全ならば自宅内での安全確保を、危険な場合は指定された避難場所への移動のほか、安全な親戚・知人宅等への移動も考えてください。新型コロナウイルス感染の懸念もありますが、危険な場所にいる人は自宅の外への避難をためらわないでください。」と注意喚起しています。

台風接近・直撃前に対処するのがポイントです。「自分は大丈夫という油断」は皆さんの命を危険に晒します。
今から、命を守るために、躊躇せずに、早めに行動してください。

(参考リンク集)

以上

Back to Top