反社会的勢力排除宣言

株式会社エス・ピー・ネットワーク(以下「当社」といいます。)は、企業危機管理のリーディングカンパニーとしての自覚と誇りを持ち、適正な業務の提供に努めるとともに、次のような基本方針に基づき、暴力団等反社会的勢力といかなる関係も持たない企業姿勢を堅持すべく厳正に取組んで参ります。

また、当社は、反社会的勢力の排除に取り組む全ての事業者を支援することを社会的使命と自ら任じ、もって、社会からの反社会的勢力排除の実現に向け、最大限の努力を行って参ります。


1.当社は、「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人」を反社会的勢力と定め、具体的には以下の者との関係の排除に努めます。

①暴力団
②暴力団構成員
③準構成員
④元暴力団員
⑤暴力団関係企業
⑥総会屋
⑦社会運動標ぼうゴロ
⑧政治活動標ぼうゴロ
⑨特殊知能暴力集団等
⑩共生者(以下のいずれかひとつに該当する者)

  1. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
  2. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
  3. 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
  4. 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
  5. 役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
  6. 暴力団員等又は前各号のいずれか一にも該当する者又はこれらに準ずる反社会的な集団又は個人と人的・資本的・経済的に深い関係を有すること
  7. その他前各号に準ずる者

⑪自らまたは第三者を利用して、次のいずれかに該当する行為を行い、または行うおそれがある者

  1. 詐術、暴力的行為または脅迫的言辞を用いる行為
  2. 違法行為または不当要求行為
  3. 業務を妨害する行為
  4. 名誉や信用等を毀損する行為
  5. 前各号に準ずる行為

2.当社は、代表取締役をはじめとする経営トップ以下、組織全体として反社会的勢力に対応します。

3.当社は、反社会的勢力に対応する従業員の安全を確保します。

4.当社は、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部専門機関と連携して、反社会的勢力の排除に取り組みます。

5.当社は、当社の運営するSPクラブへの入会、商品およびサービスの提供その他の取引関係を含めて、反社会的勢力との一切の関係を遮断します。

6.当社は、反社会的勢力による不当要求を断固拒絶するとともに、そのような不当要求に対しては、民事と刑事の両面から法的対応を行います。

7.当社は、相手方が反社会的勢力かどうかについて、最大限の努力を講じて注意を払うとともに、万が一、相手が反社会的勢力であるとの疑いが生じた時点で、関係の解消に向けて適切な対応を行います。

8.当社は、反社会的勢力による不当要求が事業活動上の不祥事や従業員の不祥事を理由とする場合であっても、事実を隠蔽することなく、公明正大な対応を行うとともに、隠蔽のための裏取引を絶対に行いません。

9.当社は、反社会的勢力に対する資金提供を絶対に行いません。

10.当社は、反社会的勢力の排除に向けて真摯に取り組む事業者について、その実現に向けて積極的に支援を行います。


制定日:平成24年10月1日
株式会社エス・ピー・ネットワーク
代表取締役社長 渡部 洋介

会社情報

  • ロスマイニング®・サービス

  • Webアンケートサービス

  • 生産物回収コンサルティング

  • 個人情報漏洩時の対応コンサルティング

SPクラブメンバーズサイト

週刊危機管理Plus

書籍のご案内


内部通報窓口「超」実践ハンドブック


企業不祥事の緊急事態対応「超」実践ハンドブック


金融機関営業店のための VS反社 対応マニュアル


反社会的勢力排除の「超」実践ガイドブック


クレーム対応の「超」基本エッセンス


ミドルクライシス®マネジメント


暴力団排除条例ガイドブック

事例紹介 よくあるご相談