Philosophyお客様の「健全経営の為に」

顕著化しつつある若干の危機の抽出から、
企業の存在を脅かす危機対応まで
私たちは、多彩なソリュ−ションで
あらゆる側面から企業をサポートします。

サービスService

お困りごとからサービスを探す

CASE 01

CASE 01

反社会的勢力リスク

詳しく見る
CASE 02

CASE 02

早期リスク発見/内部通報窓口

詳しく見る
CASE 03

CASE 03

商品ロス発生リスク

詳しく見る
CASE 04

CASE 04

人事・労務リスク

詳しく見る
もっと見る

リスク内容からサービスを探す

反社会的勢力リスク

反社会的勢力リスク

関連サービス一例
  • 反社チェック
  • Quickスクリーニング・システムetc...
詳しく見る
早期リスク発見/内部通報窓口

早期リスク発見/内部通報窓口

関連サービス一例
  • リスクホットライン ®
  • 内部通報窓口etc...
詳しく見る
クレーム等顧客対応リスク

クレーム等顧客対応リスク

関連サービス一例
  • SPNヘルプコール
  • クレーム対応研修(人材育成)etc...
詳しく見る
商品ロス発生リスク

商品ロス発生リスク

関連サービス一例
  • 内部不正・万引き対策
  • ロスマイニング®・サービスetc...
詳しく見る
オフィス・店舗リスク

オフィス・店舗リスク

関連サービス一例
  • 環境調査/違法電波(盗聴・盗撮)調査
  • 身辺警護、保安警備etc...
詳しく見る
情報セキュリティ関連

情報セキュリティ関連

関連サービス一例
  • 個人情報漏洩対応コンサルティング
  • 緊急事態対応トレーニングサポートetc...
詳しく見る
もっと見る

業種からサービスを探す

小売店・外食

量販店

「万引きによるロスをなくしたい」・
「不当要求対応の方針に自信がない」など

関連サービス一例
  • リスクマネージャーの派遣(スポット/常駐)
  • 保安警備の導入
  • クレーム、不当供給対応要領習得セミナーの開催etc...
詳しく見る
不動産・建築 / 運輸・物流

建設・不動産

「業者がフロント企業だった」・「入居者について反社会的勢力との関連性の有無をチェックしたい」など

関連サービス一例
  • Quickスクリーニング・システム/健全度スクリーニング
  • SPNヘルプコールetc...
詳しく見る
金融

金融

「口座開設にあたり、申込者について反社会勢力との関係の有無を調べたい」など

関連サービス一例
  • 当社データベースへの紹介、謄本・風評分析
  • 健全度分析、相関関係分析
  • 事業継続マネジメントシステム構築etc...
詳しく見る
上場企業

上場企業

「株主総会に際し、万全な警備体制をとりたい」・「コンプライアンス研修を刷新したい」など

関連サービス一例
  • 株主総会会場及びその周辺の警戒、警備の実施
  • コンプライアンス体制強化支援etc...
詳しく見る
もっと見る

事例紹介Case Study

もっと見る

今週の危機管理PickUpCrisis Management

危機管理のプロの視点から時事ニュースを考察しました。

犯罪インフラ対策の重要性~大麻の蔓延を食い止めるために

犯罪インフラ対策の重要性~大麻の蔓延を食い止めるために

若年層を中心とした「薬物初心者」への大麻の蔓延が深刻だ。大麻が「ゲートウェイドラッグ」である以上、今後、覚せい剤等他の薬物を利用する者の増加や薬物依存症の問題の深刻化は確実だろう。一方で、このような状況は、薬物の売買が暴力団等の犯罪組織の資金源として一層盤石なものとなっていく恐れがあることを示しており、「大麻」「若年層」対策は組織犯罪対策上の喫緊の課題でもある。そして、その対策のカギを握るひとつが、「SNS」「インターネット」「ダークウェブ」「暗号資産」等の「犯罪インフラ」対策だ。「厳格な監視」に基づく警告・摘発の精度や実効性の向上(国境を越えた法的規制をどうクリアしていくかなども課題だ)、「匿名取引」の排除(AML/CFTからも重要な視点だ)など、どれだけ「犯罪インフラ」を無効化できるかがポイントとなる。(芳賀)

Google、Cookie提供廃止の方向へ

Google、Cookie提供廃止の方向へ

米Googleは、同社のブラウザChrome上で、閲覧履歴を記録するCookieの外部提供について、2022年に向けて段階的に廃止すると公表した。プライバシー保護の観点から、欧米で強まるCookie規制に対応するものだ。Cookieは、利用者が訪れたサイトの履歴が記録される情報で、消費者の好みや属性を知ることができる。それぞれの消費者にあった広告をネット上で出したい企業には重要な情報で、ターゲティング広告に活用される。一方、他のデータと照合され特定・操作される可能性があり、追跡行為を受け入れるか否かを利用者に明確に確認する必要がある。今後もこのような動きが進めば、一般企業も、広告やマーケティング戦略の練り直しを迫られることになるだろう。Cookieを利用した顧客分析に頼らず、自社で直接、消費者のニーズを探る健全な競争や取り組みが活性化することを期待したい。(佐藤)

災害時の情報は、正しいとは限らない

災害時の情報は、正しいとは限らない

先週17日は、阪神・淡路大震災から25年の節目の日だった。各メディアが大きく特番を組んでいたため、当時を思い返した方も多いだろう。とある新聞のレポートによると、震災が発生してから当初10分は、NHKは地震であるかどうかも伝えていなかった。30分経過してから震度5と伝え、その後ようやく一部の放送で震度6と報じ(当時は強・弱の違いがなかった)、震度7を正式に伝えたのは1月20日になってからだった。震度速報は様々なセンサーによる情報の集積によるものだが、例えば熊本地震では揺れが強すぎたためにセンサーが破壊され、当初は震度6強としていたが破壊されたセンサーを解析した結果、数日後に震度7と訂正している。災害時の情報収集は重要な作業だが、「災害時の情報は、必ずしも正しいとは限らない」と考えて対策を講じることも必要だ。(大越)

バックナンバーを見る

コラムColumn

危機管理に関する対応策のレポートからトレンド情報まで、
幅広いジャンルをお届けします。

最新トピックス

SPNの眼

SPNの眼

コンプライアンスやリスク管理に関するその時々のホットなテーマを、現場を知る危機管理専門会社ならではの時流を先取りする鋭い視点から切り込み、提言するコラムです。

2020.01.14

海外出張・赴任における企業の最低限の危機管…

情報を制すものはリスクを制す 外務省が昨年10月に発表した「海外在留邦人調査統計」によると、海外に在留する日本…

続きを見る
HRリスクマネジメントトピックス

HRリスクマネジメントトピックス

エス・ピー・ネットワークに生息する三匹の社労士が、職場における、「人」にまつわる様々なお悩みの解決を目指し、初動対応や法的な責任、再発防止など、三匹それぞれの観点からコメントします。

2019.12.23

三匹(?)が語る!HRリスクマネジメント相談…

職場におけるトラブルは複合的。社内の様々な関係者の協力を得て、複数の視点で捉えなければ、解決が難しい問題も多…

続きを見る
ロスマイニング・トピックス

ロスマイニング・トピックス

店舗やオフィスにおけるロスを理論と実践から考察し、ロスの発生要因と改善方法について経営的視座を交えて論述します。最新のトピックスに解説を加え、トレンド情報としても活用できます。

2019.12.17

内部不正の事例から見る企業側の不備と抑止対…

皆さま、こんにちは。 本コラムは、消費者向けビジネス、とりわけ小売や飲食を中心とした業種にフォーカスした経営リスクに注…

続きを見る
暴排トピックス

暴排トピックス

反社会的勢力排除の動向をメインとしつつ、アンチマネロンやテロ資金供与対策、特殊詐欺など組織犯罪全般の動向とそれに関わる企業実務を考察していく専門性の高いコラムです。

2020.01.07

令和元年犯罪収益移転危険度調査書を読み解く(2020.1)

【もくじ】――――――――――――――――――――――――― 1.令和元年犯罪収益移転危険度調査書を読み解く …

続きを見る

旬のトピックス

2018.02.07

解説!新任担当者のためこれからの株主総会対策~第1回~(2018.2)

1.はじめに  2014年2月に「『責任ある機関投資家』の諸原則」、いわゆる日本版スチュワードシップ・コードが策定・公表され、2015年6…

続きを見る
Back to Top