事例紹介その時どう対応しますか?

事例 No.11

内部通報窓口に関する事例

内部不正の発見や、社内ルールが適正に運用されているかをチェックするために、社内で内部通報制度の運用を開始したが、まったく利用されなかった。そこで、顧問弁護士事務所にも窓口を設け、併用できるようにしたが、こちらも利用されていない。

通報が上がってこないということは、「社内で問題は起きていない」と判断してよいのだろうか…? でも、そんなはずはないという気がする。

リスクホットラインをご利用ください。

リスクホットラインは当社が運営する第三者の内部通報窓口です。2003年の開設から築き上げてきた第三者機関ならではの通報者保護体制を整備しており、機能する窓口としての運用実績を積んでいます。これまでに対応した4,232件以上の通報の中で、コンプライアンス違反の早期発見や職場環境の改善に繋がった事例は枚挙に暇がありません。

リスクホットラインの詳細を見る

Back to Top