イベント・セミナー

満員御礼

【SPクラブ危機管理セミナー(会員限定)/3月12日 Web配信】企業が向き合うべき「ハラスメント」問題

企業が向き合うべき「ハラスメント」問題

◇こんなテーマです

昨今、店舗等では顧客による理不尽な言動などのカスタマーハラスメント(カスハラ)が増加し、社会問題となっています。カスハラは、お金と時間と人のロスを招く重大な問題ですが、現場ではなかなか有効な対策が取れず、手をこまねいている会社が多いことも現実です。

また、2020年6月の労働施策総合推進法の改正では、セクハラ・マタハラに加え、パワハラ防止の体制整備も会社の義務とされました。ハラスメント防止体制の整備や、再発防止が求められますが、「ハラスメント未満」のコミュニケーション上の問題にどう対応すべきか、頭を悩ます会社も多いようです。

コロナ禍による環境の変化や働き方改革の推進は、働き方やコミュニケーションのとり方にも変化をもたらしました。高まる社会不安やストレスから、カスハラや職場内での人間関係に起因するトラブルも増えています。

本セミナーでは、こうした対策の難しい「カスタマーハラスメント」や「ハラスメント未満」のトラブルに対し、組織としてどう対応し、体制を整えていくか、そのポイントを解説いたします。

実施概要

開催日時 2021年3月12日(金) 14:00~17:10(途中休憩あり)
第1部 14:00~15:30/休憩 15:30~15:40/第2部 15:40~17:10
受講料 無料(こちらはSPクラブ会員企業限定のセミナーとなっております)

プログラム

【第一部】14:00~15:30

カスタマーハラスメントに負けない組織体制整備のポイント
~危機管理的対応指針5か条も含めて(総合研究部 上席研究員(部長) 西尾 晋)

  1. カスタマーハラスメントとコロナ禍における顧客対応
  2. カスタマーハラスメントに負けない組織体制整備のポイント
  3. まとめ
【休憩】15:30~15:40
【第二部】15:40~17:10

社内における真のハラスメント防止体制を考える~
「ハラスメント未満」の相談に向き合う~(総合研究部 上級研究員 吉原 ひろみ)

  1. 「ハラスメント未満(?)」~微妙なケースに潜むリスクとロス~
  2. 懲戒では解決しない、コミュニケーションの問題
  3. 「ハラスメント未満」の相談への対応
  4. 「今できること」を考える

【お問い合わせ先】 株式会社エス・ピー・ネットワーク info@sp-network.co.jp

Back to Top