プレスリリース 2019/07/24

【プレスリリース】日本最大級の反社会的勢力データベースプラットフォーム「SP RISK SEARCH」提供開始

株式会社エス・ピー・ネットワーク

〒167-0043 東京都杉並区上荻1-2-1

インテグラルタワー

  TEL:03-6891-5556(代)
FAX:03-6891-5570   
エス・ピー・ネットワーク
 

2019年7月24日

News Release

報道関係各位

日本最大級の反社会的勢力データベースプラットフォーム
「SP(エスピー) RISK(リスク) SEARCH(サーチ)」を提供開始。新聞の過去記事がダイレクト検索可能に
企業の反社会的勢力チェックを総合的に支援します
~海外の危機管理情報もより使いやすく~

 企業の危機管理を総合的に支援する株式会社エス・ピー・ネットワーク(本社:東京都 代表取締役社長:熊谷信孝)は、日本最大級の反社会的勢力データベースプラットフォーム「SP RISK SEARCH」(エスピー リスク サーチ)」(以下、本プラットフォーム)を8月5日から、当社の会員企業向けに提供開始します。

 当社はこれまで、1960年以降の公知情報に基づく反社会的勢力に特化した独自のデータベースとして、会員企業向けに「Quickスクリーニング・システム(QSS)」を2012年から提供開始。現在では金融機関や証券会社をはじめ約600社の会員企業に情報を提供しています。昨年(2018年)には、インターネット上の風評リスク対策を手がける株式会社エルテス(本社:東京都千代田区、代表取締役:菅原貴弘)と、ネット上の風評を検索する「インターネット風評検索システム」を共同開発。より立体的な反社チェックシステムを構築しました。

 さらに、今回は本プラットフォーム上で新聞記事検索サービスの販売代理店業務を開始。QSSの検索結果と連動した「新聞記事検索」が可能になり、顧客の利便性を向上させます。

 また、昨年は統合型リゾート(IR)実施法案が可決。早ければ2022年からIR施設が開業すると予想されていますが、その健全な建設・運営には国内のみならず、海外の危機管理情報が不可欠です。今後、将来的に海外各国や各機関の制裁リストならびにPEPs※リストについても、本プラットフォームで検索できるようになる予定です。これらの海外の危機管理情報については、今夏より簡易検索版「グローバル・スクリーニングLite」として会員企業が利用可能になります。

 昨今、反社会的勢力は企業活動や政治活動を装い、通常の商取引を利用して資金を獲得するなど巧妙さを増しており、その実態はますます不透明になっています。同時に、AML/CFT(アンチ・マネー・ローンダリング/テロ資金供与対策)や贈賄リスク対策など、企業が社会から要請されるコンプライアンスの重要度は日々高まっています。「SP RISK SEARCH」は、会員企業の健全な企業経営を支援していく危機管理の総合データベースプラットフォームです。

※PEPs(Politically Exposed Persons)リスト…外国政府等において重要な公的地位にある(あった)者、その家族、および実質的支配者がこれらの者である法人を指します。

■危機管理データベースプラットフォーム「SP RISK SEARCH」で検索することが可能な3つのツール

  1. 「Quickスクリーニング システム(QSS)」(2012月7月から提供)
    • 危機管理の専門会社である当社が独自に蓄積した、1960年以降の反社会的勢力の属性に特化した公知情報からなる国内最大級のデータベースを、お客様のパソコンから直接検索できます。他社の検索システムと比べ、個人情報の伏字や記事削除の影響が少ないことが特長。当社独自の「異体字・旧字体同時検索機能」による完全一致型検索で、検索モレを防ぎつつ、検索回数の省力化を可能にしました。反社会的勢力の属性に特化し、その関係者(共生者)も含めて採録しています。

  2. 「インターネット風評検索」(エルテスと共同開発)(2018年12月から提供)
    • インターネットが普及した現在、従来のメディア報道に基づく反社チェックだけでなく、インターネット上の「風評」も注目されています。一方で、ネット上の情報には信憑性にかけるものもあり、その活用は難しいとされていました。そこで当社とエルテスが開発したのが、インターネット上の風評を検索するシステムです。「エルテス社」独自のアルゴリズムを利用してネガティブ情報の有無を自動的に判定し、参考情報としてご利用いただけます。

  3. 「新聞記事検索」(2019年8月5日から提供開始)NEW!
    • 過去30年以上蓄積された全国紙・地方紙の新聞記事が収録されており、日本各地で発生している事件・事故記事を過去に遡って簡単に確認できます。QSSで検索する対象をそのままダイレクトに検索することができ、最大50件までの一括検索も可能です。不芳(ふほう)情報取得に必要な絞り込みキーワードとともに検索し、コンプライアンスチェックプロセスを標準化し、属人化された手法を大幅に効率化します。

■海外リスク情報提供サービスを強化。より使いやすくなりました

「グローバル・スクリーニング Lite」(今夏より簡易検索版を提供開始)NEW!

    • 現在も当社が提供する「グローバル・スクリーニング」サービスでは、海外リスク情報を提供しておりますが、その情報(制裁リスト、裁判履歴、PEPs情報、企業・人物情報、ネガティブニュース等)は多岐にわたりご依頼から提供するまでに時間がかかる場合があります。「グローバル・スクリーニング Lite」は、「グローバル・スクリーニング」を実施する前に、簡易的な情報として海外各国や各機関の制裁リストならびにPEPs※リストに特化して、よりスピーディーに検索結果のリスク情報を提供。お客様が速やかに一次的な判断を行うことが可能になります。「グローバル・スクリーニング Lite」につきましても、将来的に本プラットフォームで検索できるようになる予定です。

以上

【本件に関する報道関係者のお問い合わせ先】

株式会社エス・ピー・ネットワーク 石原・大越

東京都杉並区上荻1-2-1 インテグラルタワー

TEL:03-6891-5556/ FAX: 03-6891-5570

Mail:info@sp-network.co.jp

Back to Top